◆ウォッチ

新たな名作の誕生! ブレゲ クラシック 7173BB/Y5/9VU

1775年、アブラアン=ルイ・ブレゲによって創業されたブレゲ。

 

 

 

現在の豊富なラインナップの中でも200年以上前からのデザインを忠実に受け継いでいるのがクラシックコレクションでしょう。

 

 

 

そんなブレゲの基本スタイルともいえるクラシックコレクションよりこちらのモデルをご紹介します。

 

 

 

20210529_breguet_14 (6)_600

 

 

20210529_breguet_14 (3)_600

 

品名:クラシック7137/品番:7173BB/Y5/9VU/ムーブメント:自動巻キャリバー502.3DR1/ケース:ホワイトゴールド/ケースサイズ:39ミリ/防水:30m/パワーリザーブ:45時間/ストラップ:アリゲーターストラップ/税込価格:4,763,000円

 

 

 

ブレゲのクラシックと言えばシルバーダイヤルが定番ですが、本作はブランドカラーであるブルーのダイヤルが新鮮です。

 

 

 

39ミリのダイヤルの中に、ムーンフェイズ・パワーリザーブインジケーター・カレンダーが完璧なバランスで配置されています。

 

 

 

この配置は18世紀にに製作されたポケットウォッチ「No.5」の文字盤をほぼそのまま受け継いでいて、200年後の現在でも通用するそのデザインの完成度の高さに感銘します。

 

 

 

文字盤に見られるのは芸術的な装飾模様であるギョシェ彫り

 

 

 

熟練の職人が手動旋盤で模様をつけていきます。その工程は1日以上を費やすこともあり、非常に技術と労力が必要とされます。

 

 

 

元々は、文字盤上で光が反射して見づらいことから、刻みを入れて乱反射させることにより視認性を高めるために考案されたといわれているギョシェ模様。

 

 

 

そこからデザイン性が生まれて様々な模様が生まれたわけですね。

 

 

 

ここでも3種類のパターンが見事に施されギョシェ模様の魅力をを存分に味わうことができます。さらに注目すべきはこれまでのギョシェになかった試みとしてブルーにコーティングされています。

 

 

 

最新の技術で薄いブルーの皮膜をコーティングする事に成功し、これまでに見られなかっギョシェ模様を楽しむことができるようになりました。

 

 

 

20210529_breguet_14 (7)_600

 

 

 

2時位置には月の満ち欠けを表示するムーンフェイズが見られます。

 

 

 

シルバー色の月が半円状の窓に現れたり隠れたりすることで、満月や三日月といった月相を表示するブレゲならではの古典的な手法です。

 

 

 

月は18K製。手仕上げで叩いて形成されており、背景のブルーはラッカー仕上げでアルミナとシリカで星をあしらっています。

 

 

 

宇宙のロマンを感じられるなんとも神秘的で洒落たムーンフェイズですね。

 

 

 

独特の形状の針はブレゲ針と呼ばれています。

 

 

 

先端を剣のように磨きヤスリで穴を開けた格調高い形の針はブレゲを象徴するデザインとしてブレゲのブランドロゴにも使われています。

 

 

 

極めて高度な職人技を要し100本作っても成功するのはたったの30本と言われています。

 

 

 

20210529_breguet_14 (5)_600

 

 

20210529_breguet_14 (4)_600

 

 

 

そして18金ホワイトゴールドのケースサイドに刻まれたブレゲの特徴的デザインのコインエッジ

 

 

 

ホワイトゴールドの塊から削られたケースに刻み込まれた溝には歴史の深さを感じますね。

 

 

 

袖口からちらっと見えただけでブレゲと分かる、ブレゲのアイコン的デザインです。

 

 

 

20210529_breguet_14 (2)_600

 

 

 

格式ある「B」の形にデザインされたバックルは、時計を着けるたびにブレゲを所有する喜びを感じさせてくれます。

 

 

 

ムーブメントは自動巻キャリバー502.3DR1。

 

 

 

20210529_breguet_14 (1)_600

 

 

 

裏側のシースルーバックから美しいその姿を鑑賞する事ができます。

 

 

 

2.4ミリという薄さを極めたキャリバーは中心よりオフセットされた18Kホワイトゴールド製ローターで巻き上げ効率にも優れています。

 

 

 

20210529_breguet_14 (8)_600

 

 

 

そのローターにも繊細なギョシェ模様が刻まれています。さらにケース部分にもぐるりと一周波型のエングレービングが施されていて、本当に時計の至るところに職人の手仕事が加えられています。

 

 

 

このように数々の古典的な技法が見られる一方で新しい技術も取り入れています。

 

 

 

ムーブメント内の時計の精度に関わるひげゼンマイにシリコンを使っています(以前はスチール素材を使用していました)。

 

 

 

シリコンの特徴としてスチールよりも超精密な加工が可能なのでまず精度が安定します。

 

 

 

そして素材自体が磁気の影響を受けないので、磁気帯びによる精度不良がおきにくいんです。

※HASSINブログ「時計にとって時期は大敵磁気には注意!!」ご参照下さい。

 

 

 

さらに素材自体が硬度が高く腐食に強いのでパーツの耐久性が向上するといういいことづくめの素材なんですね。

 

 

 

200年以上前から受け継いできた古典的な手法と現代の技術による精密な加工が見事に融合したクラシック7137。

 

 

 

偉大な時計ブランド・ブレゲに新たな名作の誕生です。

 

 

 

 

 

 

WEBショッピングクレジット


 

webクレジット_シュミレーション_バナー_2021_2_500_161

 

 

webクレジット_シュミレーションmax100_バナー_2021_2_500_161

 

 

 

 

 

 

LINE公式アカウント


 

友だち追加

 

 

 

 

 

WEBショッピングクレジット


 

webクレジット_シュミレーション_バナー_2021_2_600_298

 

 

webクレジット_シュミレーション_バナーmax100_2021_2_600_298

 

 

 

 

 

 

LINE公式アカウント


 

友だち追加

 

 

 

加藤
投稿者:加藤
初めてご来店されたお客様にもリラックスしてくつろいでいただけるような接客を心がけています。趣味は海外旅行、スポーツ観戦、ライブ鑑賞など出かけることが大好きです。
[保有資格] ジュエリーコーディネーター/CWCウォッチコーディネーター

投稿者の最新記事

読者登録はこちら


 

カテゴリ

過去の記事

2021年5月
S M T W T F S
 
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページトップへ