腕時計に使われている素材(金属・革)の性質について教えて下さい。

  • 公開日:2018.06.01

    ◆ステンレス
    ステンレスは非常に錆びにくい素材です。表面に非常に薄い酸化皮膜がつくられ、耐食性が強くなるためなのですが、汚れが付着したまま放置しておくと酸化皮膜で覆うことができず酸化の原因となり錆びてしまいます。常に清潔を保つことによりステンレスの酸化皮膜が正常につくられ、いつまでもその美しさを保つことができますので日常のクリーニングをお願いします。

    ◆18金
    18金は、75%の純金に25%の銀や銅を含んだ合金です。合金をする理由は変形しやすい純金の硬度を上げるためです。純金自体は劣化や変色がしにくい貴金属なのですが、汚れなどが原因で、そのほかの銀や銅が酸化し変色する場合があります。万が一変色した場合、そのほとんどがクリーニングで変色を綺麗落とすことができますが、状態によってはメーカーでのクリーニング(有償の場合有)が必要になります。酸化による変色を防ぐためにも、日常のクリーニングをお勧めします。

    ◆セラミック
    セラミックは、アレルギーの心配がなく、硬度が非常に硬い故非常に傷に強い特徴があります。また、審美性が高いため近年多くの高級時計に使用されています。しかし、傷に強いという最大の特徴の反面、硬度が硬いため欠けや割れやすいという性質があります。ぶつけたり落としたりするとその強い衝撃により破損の原因になりますのでお取り扱いには注意してください。

    宝石の八神
    投稿者:宝石の八神
    1971年、愛知県大府市共和駅前に創業しました。創業以来、喜びの瞬間や新たな「輝き」を共有・共感できるようなお客様に寄り添った上質なサービスの提供を目指しています。多様な物がさまざまなルートで流通している現在、「正しいルートで本物」をご提供し続けています。

    投稿者の最新記事

    読者登録はこちら


     

    カテゴリ

    過去の記事

    2019年11月
    S M T W T F S
       
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    ページトップへ