◆ウォッチ

TUDOR(チューダー)|BLACK BAY/79230B

今回ご紹介する時計はこちら。

 

TUDOR BLACK BAY

 

 

20210115_tudor_33 (3)_600

 

 

 

こちらは、チューダーのフラグシップモデルになります。

 

 

 

ブラックベイには60年以上にも及ぶチューダーが持つダイバーズウォッチの歴史の全てが込められています。

初期のダイバーズウォッチから受け継ぐドーム型ダイヤルとクリスタル。そして、ビッククラウンとして知られる1958年のモデルRef.7924で採用されていた特徴的なリューズを備えています。さらに1970年代にフランス海軍が採用していたダイバーズウォッチに見られる、スノーフレークと呼ばれるスクエア型の針に至るまで、チューダーの歴史を結集したモデルです。

 

 

 

ブラックベイは2012年に初めて発表され、2016年には、マニファクチュールムーブメントを搭載。

2015年、ブランド初のマニュファクチュールキャリバーを発表、-2秒+4秒と高い精度を誇り、COSCを取得しています。また、約70時間のロングパワーリザーブを誇ります。ぜんまいが巻き上げられていれば時計を金曜日の夜に外しても、月曜日の朝まで動き続けているという優れものです。

 

 

 

20210115_tudor_33 (4)_600

 

 

 

 

時計業界に大きな流れを作ってきたチューダー。先駆者とも言われるチューダーが大切にしてきたのが、ネオヴィンテージと言う思想なのです。

 

 

 

デザインと技術力は両立出来る。どちらか一方の犠牲を伴う時計は、真の実用時計とは言えない。チューダーらしさが現代においてもファンを魅了してやまない理由なのでしょう。

 

 

 

その特徴の中にリベットブレスレットが存在します。

 

 

 

1950年代~60年代の製造されていたブレスレットから着想を得た加工が施されており、段差構造のリベットヘッドが特徴です。リベットとは、航空機や鉄橋、船舶等、あらゆる衝撃に耐えなければならない重要な部分に採用されてきた技法の一つです。その堅牢さから、現代に至るまで採用され続けています。精度、防水性能、堅牢さでファンの期待に応え続けてきたチューダー。こちらのリベットブレスレットが現代にまで残されているのは、信頼の証とも言えるでしょう。

 

 

 

20210115_tudor_33 (2)_600

 

 

 

主張しすぎない深みのあるブルー。

 

 

 

落ち着いた印象を与える深みのあるブルーは、ビジネスシーンで使える色合いになっています。またオンオフ問わず、どの場面でも活躍するモデルですね。

 

 

 

ブレスレット、レザー、ファブリック全て互換性があり時計の雰囲気をガラッと変えることもできます。

 

 

 

是非店頭に足を運んでいただき、試着してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

20210115_tudor_33 (1)_600

 

品名:TUDOR BLACK BAY/品番:79230B/ムーブメント:マニファクチュール(MT5602)/ケース:41㎜、スチール製/防水:200m/パワーリザーブ:約70時間/ブレス:スチール製/税込価格:\410,300-(2021年1月現在)

 

 

 

本日もブログをご覧頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

久米田
投稿者:久米田
東京出身、シティーボーイこと久米田です🤙野球大好き⚾️シーズンが始まると頭の中は野球のことばかり。無意識に野球を見ています!休みの日は1人でドライブ🚗気付けば愛知県にいない時も、、お気に入りの時計探しを精一杯サポートさせて頂きます^ ^

[保有資格] CWCウォッチコーディネーター

投稿者の最新記事

読者登録はこちら


 

カテゴリ

過去の記事

2021年1月
S M T W T F S
 
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページトップへ