◆ウォッチ

お家でできるクリーニング/腕時計…ブレスレット編

 

 

 

こんにちは、

八神ブログをご愛読ありがとうございます。

 

当店のアフターメンテナンスを担当しております甲藤と申します。

 

 

今回は、

お家でできる簡単なお手入れ

【⌚️腕時計…ブレスレット編】

についてご紹介します!!どのご家庭にもあるアイテムで出来るので、ご参考ください!

 

 

 

 

 

 


用意するもの


 

・歯ブラシ(ナイロンまたは毛)     

・爪楊枝         

・割り箸(鉛筆のように削るといいですよ)

・中性洗剤

 

★ Point ★

使うアイテムは、木材などの傷つきにくいもので☝️

 

 

 

 

さあ、準備ができたら始めましょう!

 

 

 

 


STEP 1


大きな汚れやホコリを

取りましょう!

 

 

 

cle_1_600

 

① 時計のケースの大きな汚れを、

割り箸や爪楊枝で落とします。

 

特にラグとケースの接点部が汚れがち。

 ※赤い矢印「ラグ(ベルトの取り付け部分)」です。

 

 

 

 

cle_2_600_1

 

裏蓋とケースの接点部、そして、裏側のラグにも汚れが溜まりがち

 

 

 

 

 

cle_3_600

 

② 続いてはブレスレットの汚れ取り!

コマの隙間やバックルの裏側などが汚れやすいです。

 

 

 

 

cle_5_600

 

◎隙間の汚れが取りにくい時には、ティッシュをこのようにお使いになると、汚れがティッシュに吸着して簡単キレイ✨でオススメです。

 

 

 

 

 


STEP 2


細かなヨゴレを取る!

 

 

cle_6_600

 

① 細かい汚れはブラシで!

縦⇅横⇆方向を変えてブラッシングするのがポイントです‼️

 

 

 

cle_7_600

 

コマの隙間などは歯間ブラシがオススメ。 細かいヨゴレが取りやすいです!

 

 

 

 

cle_8_600

 

② 隙間に重点的にブラシを掛けるとGood✨

バックルの隙間も忘れずに…

 

 

 

 

 


STEP 3


泡を使って汚れを落とそう‼

 

cle_9_600_1

 

① ブレスレット部分だけを水で濡らします。

※時計を横から見て、下半分くらいで大丈夫です。上半分はなるべく濡らさずに。

 

★Point★

文字盤の部分は防水性があっても水に浸けないよう注意

 

 

 

cle_10_600

 

② 中性洗剤は泡立ててから、ブレスレットに付けてブラッシングして下さい。

コマの隙間やバックルの裏側なども丁寧に!

 

 

 

cle_11_600

 

※洗剤で滑りやすくなるので、落とさないようにご注意くださいね。

 

 

 

 

cle_12_600

 

③ 泡に汚れが移ったら、水につけて洗剤を落とします。

水は何度か入れ替えて、洗剤のぬめりが無くなるまで指で優しく洗い流して下さい。

 

★Point ★

洗剤が残るとベタついたり、肌に炎症を起こしてしまったりするので念入りに流しましょう!

コマを動かしたり、バックルを開閉したりすると、内側のヨゴレも落ちやすいです。

 

 

 

 

cle_13_600

 

④ きちんと泡をすすいだら、タオルで水分を拭き取りましょう。

拭き取ったらタオルに挟んだまま、ヘアードライヤーで乾かします。ブレスレットに直接当てる感覚で、ドライヤーの風と熱でブレスレット内部の水分を蒸発させます。

 

 

★Point ★

ヘアードライヤーの温風がケースに直接当たらないように‼ また、ブレスレットが意外に熱くなってくるので直接手で持たず、タオルごしに持って下さい。火傷にはお気をつけて!

 

 

 

 


STEP


仕上げの拭き上げは丁寧に

 

cle_14_600

 

① 仕上げにティッシュや柔らかい布などで表面のヨゴレを拭き取ります。

必ず最後には乾拭きを!水分は天敵です💧

 

 

 

拭き上げがおわったら完了です!!

 

 

20200522114655_p1_600

 

ピッカピカになりました!!

 

 

 

 

お疲れさまでしたm(__)m

 

 

 

 

 


ちょっと役立つQ&A


 

 

Q ブラシは新品の方が良い?

A もちろん、大切な時計ですので綺麗な新品がいい!!という方もお見えだと思います。ですが、問題なければ使い古した歯ブラシでも大丈夫です。”STEP 3″以外では、乾いたブラシをご使用ください。

 

 

Q どれくらいでクリーニングしたらいい?

A 気になったタイミングで大丈夫です。

オススメは季節の変わり目です。特に夏の汗ばむ季節はマメなお手入れを!汗をかいたり、雨など水に濡れた時は乾いた布やティッシュなどで拭き上げだけでもされるだけで物持ちが変わります。

 

 

 

 

クリーニングは、大切な時計の錆などの劣化の進行を防ぐので、

ぜひお家でクリーニングをお試しくださいね。

 

 

 

 

以上

 

お家でできる簡単なお手入れ【⌚️腕時計編…ブレスレット編】ブログでした!

 

 

 

 

 

 

 

iPadから送信

宝石の八神
投稿者:宝石の八神
1971年、愛知県大府市共和駅前に創業しました。創業以来、喜びの瞬間や新たな「輝き」を共有・共感できるようなお客様に寄り添った上質なサービスの提供を目指しています。多様な物がさまざまなルートで流通している現在、「正しいルートで本物」をご提供し続けています。

投稿者の最新記事

読者登録はこちら


 

カテゴリ

過去の記事

2020年5月
S M T W T F S
 
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページトップへ