トピックス

ルビーの希少さ-鉱山を訪ねて-②

前回からお伝えしているルビー紀行。

 

最高級品質とされるルビーが採れるミャンマー・モゴックのルビー鉱山を訪ねました。

 

前回のブログはこちら→→→■■■

 

深い森の中で行われているルビー採掘。

 

824

 

現地の方々が泥だらけになりながら、ルビーを探し求めています。

 

必ず見つかるとは限らない「お宝さがし」

 

 

838

 

細かな作業は手作業。

 

この泥だらけの中から、ルビーっぽいものが含まれた砂利たちがこちらです。

 

 

911

 

まだまだ砂利しか見えない石たち。

 

この中にルビーはあるのでしょうか!?

 

859

 

少しでも赤っぽいものがあると「おっ!!」と手を出しますが、全くの除外品。。。

 

ルビーはコランダムという鉱物に属しますが、こちらはコランダムでもありません。

 

すぐに判別できる現地の方が神がかって見える!!

 

さっきの砂利の中から、コランダムに属する赤っぽい石たちを集めたもの

 

875

 

一番手前のトレイは、なんと!8ヶ月探した砂利の中から集めたもの。

 

あれだけの作業をしながら、ルビーっぽいものはたったのこれだけ!?

 

さらに、さらに、選別にかけられます。

 

これではまだ私たちが追い求める「お宝」ではないのです。

 

さっきの赤っぽいコランダムをさらに、アクセサリークオリティに分けられたものがこちら。

 

 

895

 

さっきより遥かに赤くてキレイ!!

 

これで興奮していましたが、これでもアクセサリークオリティ。

 

内包物や割れが多く白く濁っているので、カットしても割れやすく、

 

透明感があり輝く「宝石」ではありません。

 

さらにここからジュエリークオリティ(宝石品質)のもの選別。

 

約8ヶ月探し続けて見つかった宝石品質ルビーはたったこれだけ。

 

 

897

透明感があり、先程のアクセサリークオリティとは全然違う色味。

 

深くて赤い。

 

きっとこのままカットしても、十分に美しく輝いてくれるルビーたち。

 

私たちが探していたものはコレです。

 

美しくて、希少で、経年変化がない。

 

この3つの要素が「宝石の価値」なのです。

 

 

900

 

宝石ルビーの中からハート型を発見♡

 

これはもちろんハート型にカットされるようです。

 

何か月探してこれだけしか見つからないルビー。

 

時には1年・2年・3年と探しても1粒も発見できない鉱床もあるそうです。

 

その中から見つかったルビーは、やはり最少のカットで、最大限の大きさを保ちたいもの。

 

ダイヤと違って、完全なまん丸の形が少ないのもそれ故なんです。

 

何も手をかけず、カットのみで美しい赤色のものこそ、

 

本物のルビーと言えるでしょう。

 

inc03img

 

 

 

天然で無処理のルビーがどれだけ希少なものか、

 

それを探されている方々のひたむきなルビー愛に心打たれました。

 

古代から「愛の証」「権力の象徴」としてルビーが受け継がれてきた理由が採掘現場にありました。

 

では、なぜ同じルビーなのに「1万のルビー」と「1,000万のルビー」が存在するのでしょう?

 

なぞときはまた次回♪

 

お付き合いくださいませ♪

 

 

神谷香扶里
投稿者:神谷香扶里
女性が内側から美しくなるジュエリー&時計をオススメさせていただきます。本当に美しく、その人に合っている物は、人を輝かせてくれることを日々実感しています。趣味はご飯とお酒。美味しいもののためなら、どこへでも!皆さまのオススメグルメ教えていただきたいです!
[保有資格]G.I.A.GG 米国宝石学協会鑑定士/ジュエリーコーディネーター/CWCウォッチコーディネーター

投稿者の最新記事

読者登録はこちら


 

HASSIN OFFICIAL SNS
  • icon_sns_fb
  • icon_sns_tw
  • icon_sns_ig
  • icon_sns_gp

過去の記事

2016年10月
 
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページトップへ