◆ウォッチ

アエロ・バン 唯一の末裔!! ウブロ 日本限定モデル/311.SE.2010.RW.1104.JSM12

 

 

当店がHUBLOTを取り扱い始めたのは、ビッグバンが誕生した2005年から

 

 

 

当時は、100万円オーバーにもかかわらず、ストラップに堂々とラバーを使っていることに、少し戸惑いもありました。

 

 

 

誕生してからもう15年…

 

 

 

いまでは、数百万、1000万円オーバーの時計でさえもラバーストラップは当たり前の時代になり、ラバーのニーズが高まっていることに何ら疑問も感じなくなっています。

 

 

 

様々な時計の常識を覆してきたウブロ

 

 

 

 

お客様はもちろん、時計販売を生業にしている我々の心も虜にさせています。

 

 

 

本日の時計は、

 

 

 

 

アエロ・バン オールホワイト

品番:311.SE.2010.RW.1104.JSM12

 

 

 

 

20210201_hublot_11 (2)_600

 

■ウブロ 品名:アエロ・バン オールホワイトダイヤモンド/品番:311.SE.2010.RW.1104.JSM12/ケース:ステンレス/ムーブメント:自動巻き/機能:クロノグラフ/防水:10気圧/ストラップ:ホワイトラバー/価格:2,816,000円(税込)

 

 

 

あんなにも人気のあったにもかかわらず、今や幻となったアエロ・バン

 

 

 

 

今こちらアエロ・バン以外は、なぜかディスコンティニュー(廃番)モデルになってしましました。

 

 

 

 

こちらの日本限定はその末裔とでもいうべきでしょうか。

 

 

 

 

20210201_hublot_11 (4)_600

 

 

 

20210201_hublot_11 (1)_600

 

 

 

特徴は、シースルー文字盤

 

 

 

20210201_hublot_11 (3)_600

 

 

 

画像をご覧になられてお分かりになりますでしょうか?

 

 

 

5時位置、8時位置、10時位置くらいの場所から、カレンダーディスクが見えます。

 

 

 

日付が替わる一瞬の動きを文字盤前面で見ることができる!! 本来なら時計を分解しなければ見ることが出来なかったこの動きを、あたりまえのように目視できることに当時はかなり感動したのを覚えています。

 

 

 

今では様々なブランドがシースルー文字盤を世に送り出しています。

 

 

 

所説は様々ですが、HUBLOTが火付け役だったように思います。

 

 

 

とにかく、こちらのアエロ・バン、滅茶苦茶かっこいいので是非ご覧いただきたいです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


クレジット最大100回払いまで金利手数料無料


 

 

HASSINでは、クレジット最大100回払いまで金利手数料無料にてお買い物をお楽しみいただけます。

 

MAX100無金利シュミレーション

▼ ▼ ▼

credit_syu

 


WEBショッピングローン


 

WEBにてショッピングローンのお申し込みが可能になりました。

 

詳しくはこちらから

▼ ▼ ▼ ▼

webクレジット_バナー_800


MAX100無金利


 

 

HASSINでは、クレジット最大100回払いまで金利手数料無料にてお買い物をお楽しみいただけます。

 

MAX100無金利シュミレーション

▼ ▼ ▼

credit_syu

 


WEBショッピングローン


 

WEBにてショッピングローンのお申し込みが可能になりました。

 

詳しくはこちらから

▼ ▼ ▼ ▼

webクレジット_バナー_800

 

 

 

 


LINE公式アカウント


 

line_友達募集中

宝石の八神

LINE公式アカウント

@hassin

 

お友だち募集中!!

最新の商品情報、イベント情報お届けいたします

 

こちらのバナーをタップしてください!!

LINE_friends_307_89

 

 

 

 

 

 

 

 


LINE公式アカウント


 

line_友達募集中

 

宝石の八神?LINE公式アカウント

@hassin

 

お友だち募集中!!

 

最新の商品情報、イベント情報お届けいたします

 

こちらのバナーをタップしてください!!

LINE_friends_307_89

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岩城
投稿者:岩城
ジュネーブ市内の時計博物館を訪れ、たくさんのアンティーク時計を拝見いたしました。ミュージアムの中で一番古い時計はいつのかな?と探索していると、なんと1530年製でした。もちろん、機械式時計の教科書で学習したので知識として知ってはいたのですが、実物を目の前にした瞬間、時針と短針による時刻の表示がこの時代から変わっていないことに感動。機械式時計の深い歴史に敬意を表するとともに、デジタル時代ではありますが、機械式時計の歴史はこれからもずっと伝承されるんだろうなと思いました。機械式時計販売を生業とさせていただいていることを誇りに思っています。ゴルフは毎日でもしたいです。

[保有資格] ジュエリーコーディネーター/CWCウォッチコーディネーター

投稿者の最新記事

読者登録はこちら


 

カテゴリ

過去の記事

2021年2月
S M T W T F S
 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  
ページトップへ