◆ウォッチ

200年変わらないデザインに新色ブルー登場 ブレゲ クラシック 7173BB/Y5/9VU

スイスの名門時計ブランド「ブレゲ」のエッセンスを取り入れたシンプルで完成されたデザインのクラシックコレクション。

 

 

 

一本一本に忠実に受け継がれている芸術性には200年以上にわたって培われてきた職人魂が息づいています。

 

 

 

今回はそんなクラシックコレクションより注目のモデルをご紹介します。

 

 

 

20210731_breguet_14 (2)_600

 

品名:クラシック7137/品番:7173BB/Y5/9VU/ムーブメント:自動巻キャリバー502.3DR1/ケース:ホワイトゴールド/ケースサイズ:39ミリ/防水:30m/パワーリザーブ:45時間/ストラップ:アリゲーターストラップ/税込価格:4,763,000円

 

 

 

ブレゲのブランドカラーであるブルーのダイヤルが心惹かれるモデルです。

 

 

 

個性的なデザインのダイヤルは、懐中時計が主流だった時代のブレゲのポケットウォッチ「No.5」を忠実に再現しています。

 

 

 

ムーンフェイズ、カレンダー、パワーリザーブインジケーターが独特のバランスで配されていますね。

 

 

 

ブレゲのデザインの特徴である「非対称をなすバランスを崩した美」が見事に表現されていて、2世紀を超えても変わらないその完成度には驚くばかりです。

 

 

 

2時位置にあるのは月の満ち欠けを表示するムーンフェイズ

 

 

 

夜空をイメージした半円状の窓の中を月が移動して、満月や三日月といった月の移り変わりを表示するロマンチックで洒落た機能です。

 

 

 

シルバー色の月は18Kを手仕上げで叩いて形成されており、夜空はブルーラッカー仕上げ。そしてアルミナとシリカで星を表現するという非常に手の込んだ作りになっています。

 

 

 

 

20210731_breguet_14 (3)_600

 

 

 

ダイヤル全体に見られる芸術的な模様はギョシエ模様と言われています。

 

 

 

ブレゲのデザインの大きな特徴の一つである古典的な装飾技法です。ギョシエ専門の職人が手作業で模様をつけていく工程は一枚の製作に約20時間もかかるといわれています。パリの石畳模様をイメージした「クル・ド・パリ」など3種のパターンが施されていて、この芸術的なギョシエ模様を存分に楽しむことができます。

 

 

 

またこれまでのギョシエ模様といえばほとんどがクラシカルなシルバー色でしたが、今回は特殊な技術によってブルーにコーティングされていて、以前からブレゲをよく知る人から見ても新たな魅力となっています。

 

 

 

穴の開いた独特の形状の時分針はブレゲ針

 

 

 

長針と短針が重なった時に、長針に隠れた短針を確認できるように穴が開けられたと言われています。

 

 

 

先端を剣のように鋭く磨き、ヤスリで穴を開けた針はブレゲを象徴するデザインとしてブレゲのブランドロゴにも使われていて、歴史の深みを感じますね。

 

 

 

職人技をもってしても、製作に成功するのは100本中わずか30本と言われるほど難易度が高いんですね。

 

 

 

20210731_breguet_14 (1)_600

 

 

 

そして18金ホワイトゴールドのケースサイドに見られる溝はコインエッジと呼ばれています。

 

 

 

懐中時計の時代に、ポケットから時計を取り出す際に手を滑らせないために考案されたと言われています。

 

 

 

ホワイトゴールドの塊から削られたケースに一本一本深く刻まれた溝は、袖口からちらっと見えただけでブレゲと分かる格調高いデザインです。

 

 

 

20210731_breguet_14 (4)_600

 

 

 

重厚感あるホワイトゴールド製のケースは39ミリとコンパクトにまとまっていて、しっかりとした質感が感じられながら、心地よく腕にフィットしてくれます。

 

 

 

搭載するムーブメントはブレゲ自社製の自動巻キャリバー502.3DR1。

 

 

 

自動巻きでありながら2.4ミリという薄さのムーヴメントには伝統的な時計作りの技術だけでなく先端の技術も導入されています。

 

 

 

シリコン素材を、ムーブメントの心臓部であり時計の精度を司るひげゼンマイに採用しているんです。

 

 

 

近年ブレゲのほとんどのモデルのひげゼンマイに使われているシリコン。

 

 

 

このシリコンを採用することには以下のメリットがあります。

 

 

 

①精度が安定

 

スチール製のひげゼンマイよりも正確で超精密な加工が可能なので精度が安定します。

 

 

 

②耐磁性

 

身の回りのスマートフォンやスピーカー製品などに時計が近づいてしまうとひげゼンマイが磁気帯びして精度不良が起きてしまうことがあります。シリコンは磁気の影響を受けないので、磁気帯びの心配がありません。

※HASSINブログ「時計にとって磁気は大敵磁気には注意!!」ご参照下さい。

 

 

③ 耐久性

 

シリコンは硬度が高く腐食に強いのでパーツの耐久性が向上します。

 

 

 

こういったシリコンならではの特性によってムーヴメントのパフォーマンスが従来より向上しています。

 

 

 

200年以上のブレゲの伝統を受け継ぎながら、新しいエッセンスをとりいれたクラシック7137。

 

 

 

是非、店頭のブレゲコーナーにてご覧になってください。

 

 

 

 

 

 

WEBショッピングクレジット


 

webクレジット_シュミレーション_バナー_2021_2_500_161

 

 

webクレジット_シュミレーションmax100_バナー_2021_2_500_161

 

 

 

 

 

 

LINE公式アカウント


 

友だち追加

 

 

 

 

 

WEBショッピングクレジット


 

webクレジット_シュミレーション_バナー_2021_2_600_298

 

 

webクレジット_シュミレーション_バナーmax100_2021_2_600_298

 

 

 

 

 

 

LINE公式アカウント


 

友だち追加

 

 

 

加藤
投稿者:加藤
初めてご来店されたお客様にもリラックスしてくつろいでいただけるような接客を心がけています。趣味は海外旅行、スポーツ観戦、ライブ鑑賞など出かけることが大好きです。
[保有資格] ジュエリーコーディネーター/CWCウォッチコーディネーター

投稿者の最新記事

読者登録はこちら


 

カテゴリ

過去の記事

2021年7月
S M T W T F S
 
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページトップへ