◆ウォッチ

トゥールビヨン220周年! ブレゲヘリテージ 5497PT/12/9V6

1775年にブレゲを創業したアブラアン−ルイ・ブレゲ。

 

 

 

「時計界のレオナルド・ダ・ビンチ」と呼ばれた初代ブレゲは、トゥールビヨン、パラシュート機構、ミニッツリピーター、永久カレンダーといった時計にとって革新的な発明を数多く生み出した天才時計師として知られています。

 

 

 

現在の時計に使われている機構の4分の3はブレゲが発明または改良したものと言われているほどで、それ故にブレゲが「時計の歴史を200年早めた」と言われるようになりました。

 

 

 

そんなブレゲによる発明の中でも特に有名なものが複雑機構であるトゥールビヨン

 

 

 

そして今年2021年は、1801年にトゥールビヨンが特許を取得してからちょうど220年というアニバーサリーの年になります。

 

 

 

20210308_breguet_14 (2)_600

 

品名:ヘリテージトゥールビヨン/品番:5497PT/12/9V6/ムーブメント:手巻き キャリバー187H/ケース:プラチナ/ケースサイズ:42×35ミリ/防水:日常生活防水/パワーリザーブ:50時間/ストラップ:アリゲーターストラップ/税込価格:17,028,000円

 

 

 

クラシックなトノー型ケースを現代に蘇らせたヘリテージコレクションからトゥールビヨン機構を搭載したモデルです。

 

 

 

ブレゲの代名詞的な技術であるトゥールビヨンというのはどんな機構なのか。

 

 

 

まだ腕時計が登場する以前の懐中時計が主流だった時代、ポケットに入れた懐中時計は常に重量によって下方向に引っ張られていました。

 

 

 

そのため時計の精度を一定に保つ「心臓部」にあたるテンプ、中でもひげゼンマイという渦巻き状のパーツも常に下側に引っ張られることでたわみができてしまい、精度にばらつきが出てしまっていたんですね。

 

 

 

そこで天才ブレゲは、テンプをキャリッジと呼ばれるカゴに入れて1分間に一周させるという仕組みを思いつきました。

 

 

 

それによって常にテンプの全方向に均等に重力がかかり精度の誤差が解消される機構を開発したという訳なんです。

 

 

 

そのトゥールビヨンの繊細な動きを6時位置の窓からじっくりと鑑賞することができます。

 

 

 

ガンギ車が回転し、ひげゼンマイが伸縮を繰り返しながらテンプごとゆっくりと回転し続ける様子は芸術品を鑑賞しているような感動を覚えます。

 

 

 

これだけ加工技術の発達した現代に、200年以上前とほぼ変わらない職人の手仕上げでつくられているところに、時計の歴史を築いてきたブレゲの品格と威厳を感じずにはいられません。

 

 

 

20210308_breguet_14 (1)_600

 

 

 

そしてケース裏側からトゥールビヨン機構を見ると、ここにも職人による繊細なエングレービングが施されているのが分かります。

 

 

 

その下に刻まれている” BREVET DU 7 MESSIDOR AN 9 ” の文字。 

 

 

 

これは「1801年6月26日にトゥールビヨンが特許を取得した」ことを表しています。

 

 

 

数字がそのまま対応していないのは、当時は共和暦という現在の太陽暦とは別の暦が使用されていたからなんですね。

 

 

 

特許を取得した220年前の「1801年6月26日」という日がブレゲにとっていかに大きな意味を持っているのがうかがえる刻印ですね。

 

 

 

20210308_breguet_14 (3)_600

 

 

 

ケースはホワイトゴールドではなくプラチナ製。トゥールビヨン機構を収めるのにふさわしい重厚な雰囲気が漂いますね。

 

 

 

縦長のトノー型のため腕にピタッと沿うようにプラチナケース自体にカーブがつけられています。

 

 

 

そしてカーブをつけたケースに合わせて文字盤も湾曲させています。

 

 

 

この製造工程が非常に高い技術を必要とします。

 

 

 

まず文字盤となる18金の塊を掘削して立体的な文字盤にした上でギョシエ模様をつけていきます。

 

 

 

ギョシエといえば文字盤に手彫りでつけられた美しい装飾模様のことでブレゲのデザインの大きな特徴ですね。

 

 

 

元々は、文字盤上で光が反射して見づらいことから、刻みを入れて乱反射させることにより視認性を高めるために考案されました。

 

 

 

そこからデザイン性が生まれて様々な模様が生まれました。このモデルでは芸術的なウェーブパターンが刻まれています。

 

 

 

ギョシエ模様をつけるだけでも一日以上費やすこともある、非常に職人の技術と労力が必要とされる工程なんです。

 

 

 

そして最後に文字盤を縦方向と横方向を湾曲させていきます。

 

 

 

こうして1枚の18金の掘削から湾曲させるまでの製作過程では、途中で破損してしまう可能性もあるため非常に高度な技術を要します。

 

 

 

そこに手間と時間を惜しまないところに創業以来200年以上受け継いできたブレゲの職人魂を感じずにはいられません。

 

 

 

ブレゲの比類なき高度な技術と芸術性の象徴とも言えるトゥールビヨン。

 

 

 

特許取得から220年という節目の年にトゥールビヨンが刻む小宇宙を鑑賞してブレゲの魅力に触れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


クレジット最大100回払いまで金利手数料無料


 

 

HASSINでは、クレジット最大100回払いまで金利手数料無料にてお買い物をお楽しみいただけます。

 

MAX100無金利シュミレーション

▼ ▼ ▼

credit_syu

 


WEBショッピングローン


 

WEBにてショッピングローンのお申し込みが可能になりました。

 

詳しくはこちらから

▼ ▼ ▼ ▼

webクレジット_バナー_800


MAX100無金利


 

 

HASSINでは、クレジット最大100回払いまで金利手数料無料にてお買い物をお楽しみいただけます。

 

MAX100無金利シュミレーション

▼ ▼ ▼

credit_syu

 


WEBショッピングローン


 

WEBにてショッピングローンのお申し込みが可能になりました。

 

詳しくはこちらから

▼ ▼ ▼ ▼

webクレジット_バナー_800

 

 

 

 


LINE公式アカウント


 

line_友達募集中

宝石の八神

LINE公式アカウント

@hassin

 

お友だち募集中!!

最新の商品情報、イベント情報お届けいたします

 

こちらのバナーをタップしてください!!

LINE_friends_307_89

 

 

 

 

 

 

 

 


LINE公式アカウント


 

line_友達募集中

 

宝石の八神?LINE公式アカウント

@hassin

 

お友だち募集中!!

 

最新の商品情報、イベント情報お届けいたします

 

こちらのバナーをタップしてください!!

LINE_friends_307_89

 

 

 

 

 

 

 

 

加藤
投稿者:加藤
初めてご来店されたお客様にもリラックスしてくつろいでいただけるような接客を心がけています。趣味は海外旅行、スポーツ観戦、ライブ鑑賞など出かけることが大好きです。
[保有資格] ジュエリーコーディネーター/CWCウォッチコーディネーター

投稿者の最新記事

読者登録はこちら


 

カテゴリ

過去の記事

2021年3月
S M T W T F S
 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページトップへ