ジュエリー

侘び寂び イーノスフェア 2019

 

イーノスより

メッセージが届きました。

 

 

 


 

 

 

『侘び 寂び』

400年ほど前、利休らが提唱した美意識

 

“さび”とは

見た目の美しさについての言葉。

 

この世のものは、経年劣化によって、

さびれたり

汚れたり

欠けしたりします。

 

それは劣化とみなされますが、

逆に、その変化が織りなす

多様な独特な美しさを

“さび”

といいます。

 

一方、

 

“わび”は

錆びやよごれを受け入れ

楽しもう‼という

ポジティブな心についての言葉です。

 

つまり、

 

さびの美しさを見出すことが

”わび”なのです。

 

”さび”が表面的な美しさだとすれば、

”わび”は内面的な豊かさ。

 

 

両者は表裏一体の価値観だからこそ、

”わびさび”と語られます。

 

 

 

WABISABI_4

 

 

 

WABISABI_3

 

 

 

WABISABI_2

 

 

 

 

WABISABI_1

 

 

インダストリアルな表現で

ジュエリーをデザインすることに加え、

”錆”の朽ちていく美しさを表現出来ないか?

 

日本の古来からの『侘び寂び』の美意識を

ジュエリーで表現出来ないか?

 

 

長年の挑戦に

この程やっと商品化にたどり着き、

モダンなデザインに

インダストリアルなディティール。

 

 

そして、

朽ちていく美しさを表現した錆テクスチャー。

新たな美意識を表現する

イーノスデザインが生まれたように思われます。

 

 


 

 

 

 

イーノスに新作が登場します。

 

われわれに

ジュエリーの楽しみ方に新たな時代を

築き上げてくれたイーノス

 

いつも、どのような世界を

見せてくれるのだろうと

期待を膨らませ

フェアを迎えていますが、

 

 

2019年新作ニュースに、

今まで以上の期待感を覚えました。

 

 

イーノスのジュエリーは

取扱っている店舗も少ないため

簡単にはご覧いただけることはできません。

 

 

ご興味のある方と

イーノスのわびさびを

共感できればうれしいです。

 

皆様のご来店をお待ち申し上げております。

 

 

 

 

【イーノスフェア】

開催期間:2019.2.15(金).16(土).17(日)

開催場所:宝石の八神 1階ジュエリーサロン

 

 

 

 

 

 

 

岩城
投稿者:岩城
ジュネーブ市内の時計博物館を訪れ、たくさんのアンティーク時計を拝見いたしました。ミュージアムの中で一番古い時計はいつのかな?と探索していると、なんと1530年製でした。もちろん、機械式時計の教科書で学習したので知識として知ってはいたのですが、実物を目の前にした瞬間、時針と短針による時刻の表示がこの時代から変わっていないことに感動。機械式時計の深い歴史に敬意を表するとともに、デジタル時代ではありますが、機械式時計の歴史はこれからもずっと伝承されるんだろうなと思いました。機械式時計販売を生業とさせていただいていることを誇りに思っています。ゴルフは毎日でもしたいです。

[保有資格] ジュエリーコーディネーター/CWCウォッチコーディネーター

投稿者の最新記事

読者登録はこちら


 

過去の記事

2019年1月
S M T W T F S
 
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページトップへ