ジュエリー

ファンシーカット

ダイヤモンドカットとして代表的なラウンド・ブリリアント・カット

 

これはダイヤモンド加工業の名門トルコフスキー家の一員マルセル・トルコフスキーが

ダイヤモンドの輝かせる理想的なプロポーションを数学的に考案したカットであり

ダイヤモンドの価値を決める「4C」で品質評価基準が定められているカッティングです!

 

 

 

採掘されたダイヤモンドの形状はさまざまで

正8面体のものは希少であり採掘される原石の多くは変形しています。

 

 

その原石の形状を最大限に生かしたカットを行うことで、

価値を高めた宝石として眩いた輝きを放つダイヤモンドへと変貌します。

 

 

 

 

 

 

今回はファンシーカットダイヤモンドのご紹介をさせていただきます。

 

 

ダイヤモンドはカッティング面積や面数によって輝きやプロポーションが大きく変化します。

ジュエリーにしたときのデザイン性も大きく変化するので

コーディネートに変化を取り入れたい方にとってもオススメです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 20170302164832_p114

マーキズ・ブリリアント・カット

 

 

 

中央は丸みを帯びており、先端に行くにしたがって細くなる両端の尖った楕円が特徴のカットです。

 

輝きを活かすブリリアントカットの変種で、宝石を実際のカラットよりも大きく見せる事が出来き

蝶の羽や花びらを表現する際にも用いられます。

 

 

 

 

 

 20170302164838_p117

ペアーシェイプ・ブリリアント・カット

 

 

 

これはまるで洋ナシのようにオーバルカットの片方が先細りしている造形となっております。

暖かな煌きが美しく、雫に似ていることからドロップカットとも呼ばれています。

 

特徴的なデザインジュエリーに用いられる事が多いです。

 

 

 

 

 

ハートシェイプ・ブリリアント・カット

 

ハートの形状は職人によってシャープなラインであったり、

ぷくっと丸みの帯びた可愛いスタイルのものまで多様に存在しています。

 

ご自身好みのハートシェイプを見つけられたらそれはもう運命!!

その姿から「愛」を連想させるため、マリッジリングなどに使用される事も多いカットです。

 

ラウンドブリリアントカットとはまた違った美しさを体感できます。

 

 

 

わずか数ミリの大きさでしか採掘されないダイヤモンドの原石から

 

傷や内包物の場所を避け、その形を最大に生かした最大の大きさをとり、

最も美しい輝きを実現するカット。

 

そのカットを施すには高度な技術と伝統が重要になります。

自然の力と職人の技術によって

初めて私たちが楽しめる美しい宝石、ダイヤモンドの世界が生まれるのです。

 

佐竹 ありさ
投稿者:佐竹 ありさ
ブライダルを担当しています。ブライダルリングは、お二人と同じ時を過ごしていく大切な宝物になります。お客様の特別なリングを探すお手伝いをさせて頂きます(*´˘`*)純愛ストーリーや可愛い小物が大好きな乙女チックな趣味があるので、私もそうだよ!という方がいましたらたくさんお話しましょう♡
[保有資格] ジュエリーコーディネーター/CWCウォッチコーディネーター

投稿者の最新記事

読者登録はこちら


 

HASSIN OFFICIAL SNS
  • icon_sns_fb
  • icon_sns_tw
  • icon_sns_ig
  • icon_sns_gp

過去の記事

2017年3月
 
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページトップへ